音が~・・

暑い夜に
b0012811_1032720.gif

めだかも涼しそうに泳いでいます。
                               ポ~ と

※これは「添水(そうず)」という「ししおどし」といわれている。




ししおどし(鹿威し)とは、

農業などに被害を与える鳥獣を威嚇し、追い払うために設けられる装置全般の総称。かかし、鳴子、添水(そうず)など。
狭義では、添水のこと。
[編集]
添水
b0012811_921096.jpg 詩仙堂の添水水力により自動的に音響を発生する装置である。中央付近に支点を設け、一端を開放した竹筒に水を注ぎ、水がいっぱいになるとその重みで竹筒が傾き、水がこぼれて内部が空になる。すると竹筒は元の傾きに戻る。この際に竹筒が支持台(石など)を叩き、音響が生ずるものである。日本庭園の装飾として設置されることが多く、京都の詩仙堂のものが有名である。エクステリアの装飾品として用いられる製品もある。 電子工学における弛張型発振回路の原理を示す例として採り上げられる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用
[PR]
by win2010 | 2006-06-30 13:47 | 古代蓮・水連・・


<< リスクマネージメント講座 あじさい坂 >>