「ほっ」と。キャンペーン

映画三昧

朝からいい天気なのに映画三昧とは
福祉センターで1本、シアターで2本と映画三昧でした。
b0012811_1155854.jpg

「バッシング」「武士の一文」「硫黄島からの手紙」3本を見ました。
特に、武士の一分はマスクに流れる熱いものを感じ感動の映画でした。
b0012811_1153568.jpg

  一分(いちぶん)/人が命をかけてまもらねばならない名誉や面目
自分にはあるのだろうか  ??




                                 写真は携帯で。



goo映画より引用
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷ら兵士たちは希望を見出す。だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。

イーストウッド監督、スピルバーグ製作の『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島2部作の第2弾。日本の最南端にほど近い太平洋に浮かぶ、東京都小笠原村硫黄島。山手線一周ほどもないこの小さな島は、米軍の本土攻撃を食い止める最期の砦として重要な拠点だった。米軍は当初、圧倒的な戦力の違いから5日で陥落できると踏んでいたが、予想以上の日本軍の抵抗によって激戦は36日間に及んだ。この硫黄島の戦いを率いた日本軍の栗林中将、若き兵士・西郷ら何人かの人物に焦点を当て、硫黄島での戦いを明らかにしていく。戦後61年が経ち、地中から発見された数百通の手紙。届かぬとわかっていてしたためられた家族への思いが、余りにも悲痛で胸を打つ。
b0012811_1161692.jpg

[PR]
by win2010 | 2006-12-23 22:53 | のんびりと・・


<< クリスマスプレゼントに この時期になると大きなみかんが届く >>