造り酒屋で、春から・・

出来立ての吟醸酒を呑んだ。
勿論初めてだが、旨い
雫搾りで、今搾っている吟醸酒だ 
 「袋雫(ふくろしず)」くとか「つるし」絞りと呼んで自然にもろにの重さで搾る
b0012811_2259166.jpg

搾っている音は、水禽靴にも似た音でピョン~ピイ~と表現が難しいが何ともいい響きと、透き通ったお酒がぽとぽとと樽に落ちてくる。
b0012811_234883.jpg
酒通にはこんなお酒はたまらないのかも・・

 でも、美味しい酒だ。




朝日新聞より引用 2007/1/13掲載「酒(しゅ)にまじわれば」  なぎら健壱
幻の酒
 10年ちょいと前、吟醸酒ブームの頃である。酒好きの伸間が集まって、利き酒の会をやろうということになった。銘柄を当てるのではなく、その年の品評会で上位に選ばれた、10種類の酒の1位から10位までの酒を当てようという趣向である。
 ただその中に1種類だけ、世間で幻の銘酒と誉れの高い、あの酒を10位の酒と入れ替えてある。しかし主催者は、その酒が入っていることをみんなに伝えてはいない。
 当然この酒の名前は、みなさんも知っているはずである。だってあの、幻の銘酒ですもん。わけ知りを気取った酒飲みは居酒屋でこの酒を見かけると、一様に「あの酒うまは美味いぞ」と語る。また、店側も自慢げに酒を見せびらかせ、高い値段を取る。
 やがて、利き酒が始まった。皆は眉間にシワを寄せ、酒を利き、猪口(ちょこ)の中で転がし、また口の中で転がしたりしている。その結果を、真剣に手元のメモ用紙に書きつける。
 時間が来た。それぞれが、結果を発表する。なんと、1位から5位までは、多少のバラつきがあるものの、ほとんどの人の選考が同じなのである。
 「いや~みなさん、さすがですな~」などと、お互いを褒めたたえる。しかし実のところは、相手ではなく、自分を褒めているのに過ぎない。明らかに自已満足にひたっているのである。
 その中で、みんながみんな「ひとつだけ、ひどいのがありましたねえ」と、口をそろえて語る酒があった。もうお分かりですね。そうです、あの幻の銘酒がそれです。
 それ以来あたしは、あの酒を「美味い」と称する人物や居酒屋を、酒が分からないヤツの基準にしている。えっ、銘柄を教えろですって? だから、あの幻の銘酒ですよ。(フォークシンガー)
[PR]
by win2010 | 2007-01-13 22:55 | のんびりと・・


<< 新聞の料理の知恵袋(朝日新聞)・・ 正月は歩きで・・ >>