まなざしの先に 生誕100年 鈴木賢二展記念シンポジュウム聞く

とちぎ蔵の街観光館で
 竹山博彦氏(栃木県立美術館特別研究委員)、飯田晶夫(国学院大学栃木短期大学教授)
を迎えて「鈴木賢二の時代」について話があった。
  マンガの時代、彫刻の時代、版画の時代・・・
b0012811_17262764.jpg
  いろんな話がされ興味深い。
 竹山氏が賢二の版画は立体的これは他の版画家に無く、賢二の彫刻から来ているのだろうと語っていた。こんなことも美術館を通して見ること感じることができれは・・・と
 私にとってはこれからなので、美術館、太田見世蔵、如輪房などで開催されている展示をみながら、こんな近くに素晴らしい芸術家がいることを喜び、自分なりに感じ取ることが重要かな・・・
  生誕100年記念 鈴木賢二作品集 時代を彫刻む(ときをきざむ)も出版された。
b0012811_18245268.jpg




b0012811_17352826.jpg

 もう二つの鈴木賢二展の情報 
[PR]
by win2010 | 2007-02-17 17:24 | のんびりと・・


<< 三拍子 いのち耕す人々を観た >>