「ほっ」と。キャンペーン

まなざしの先に

b0012811_12471.jpg鈴木賢二店ギャラリートークで観る
トークでは鈴木賢二研究会メンバーによる作品の説明があり作品一つ一つに解説をつけてくれるなど鈴木賢二を理解するうえで非常に勉強興味深く作品を見ることが出来た。
 素晴らしい試みと感じた。
 学芸員の方の説明と思い込んでいたので以外であったが、説明がより深く心に残ったギャラリートークでした。

 作品では「潮騒の女」「震災後の聖橋からニコライ堂を望む」「柩」「貌」など刻まれた感じ
美術館以外でも作品はあるのでこれからまた別の作品を見たい
[PR]
by win2010 | 2007-02-24 23:15 | のんびりと・・


<< 『ダーウィンの悪夢』 を見ました 久しぶりにバイキング・・・ >>