カテゴリ:めだか( 7 )

メダカの動き


お腹の大きくなっためだか、元気か?(YouTube)

 
[PR]
by win2010 | 2011-07-21 11:28 | めだか

今年、もう生まれたのか?

 
庭に一年中置いてある鉢から小さなメダカが顔を出した。
え~!、もう生まれたのか???
3月に入ってからビニールの覆いを外したのに。
天気もそんなに暖かい日は少なかったのに ・・・・ 。

ゆっくりと泳ぐ小さなメダカ。

b0012811_23421047.jpg


今、一匹しか確認できないが、沢山いるのか??

明日も天気予報では良くない ・・・ 元気に泳げおよげ。



[PR]
by win2010 | 2010-03-15 23:45 | めだか

キンギョ草の花


 

今市の用水から取ってきた、キンギョ草花をつけました。

水槽の中で、流れもないのに次々と花を咲かせる。

b0012811_939024.jpg
b0012811_9391252.jpg
b0012811_9392194.jpg

b0012811_94212100.jpg
 

[PR]
by win2010 | 2009-07-02 09:32 | めだか

めだかの学校巴波川に復活・・

下野新聞2007/10/17引用
児童が4年追跡調査
栃木市の中心部を流れる巴波川。一時は「死の川」にひんしたが、児童たちの足かけ四年にわたる調査で、絶滅の恐れのあるメダカが復活していることが分かった。栃木第一小の児童は親しみを込めて「吾一メダカ」と呼ぶ。同校の大先輩で、文豪・山本有三の名作「路傍の石」の主人公の名を拝借している。
巴波川固有の遺伝子を持つ可能性もあるという。市は保護、活用に動き始めた。(川岸等)


More 全文を読む
[PR]
by win2010 | 2007-10-17 23:20 | めだか

小山めだかの学校5 周年記念講演会「田んぼから考える生態系」

私たち私たち小山めだかの学校は、小山市内に生息するメダカを通して、住みよい環境作りの活動を行う団体です。主たる活動は、
b0012811_2325952.jpg1) メダカの生息調査は、現在市内に生息する6箇所の調査と保護活動を実施し、メダカの環境が悪化した場所、また、水路の改修工事を行う場所等については、保護のため自宅に持ち帰り保護し、環境が整ったら放流を行います。
2) 研修会の実施については、隣接する農村環境に係わる実施団
体への先進地視察研修会
3) 関係機関とのネットワーク参加として、メダカ里親の会、大沼に親しむ会、思川におもいをはせる会、小山市ボランティア支援センターなどへの参加を行っています。
また、市内の小・中学校への「田んぼの学校」などの支援活動も実施している他、生き物調査、田んぼの学校、芋煮会、小山市農業祭への参加など、盛りだくさんの行事を行っています。

小山めだかの学校5 周年記念講演会「田んぼから考える生態系」
日 時:平成19 年2 月4 日(日)13:30~
場 所:道の駅「思川」評定館 定員:150 名
講 師:宇都宮大学 水谷正一教授(メダカ里親の会 会長)

会場は多くの会員が参加していた。
でも、ほとんどが少し年配の人達・・・
学校を中心に活動をして今年で5年とか「めだかの学校のあゆみ、巴波川にほたるの再生を夢見て」などが報告された。
水谷教授からは「田んぼはワンダーランド」の話
 世界の田んぼ、日本の田んぼ、田んぼでの生き物、生き物の生息作りの話・・
[PR]
by win2010 | 2007-02-04 22:05 | めだか

子どもが生まれてる~

子どものめだかが元気よくおよいでいる・・・
b0012811_1235674.jpg
見えないか小さくて~  拡大してあげる
b0012811_12361828.jpg
見えた?
[PR]
by win2010 | 2006-06-14 12:36 | めだか

今年もめだか元気に何匹か年を

b0012811_23353425.gif

 去年はすごく寒く、メダカが年を越せるかと心配していたが、各々の瓶に何匹か年を越して元気に泳いでいます。
 また、蓮も葉が大きく沢山出てきています。今年は株分けをしたのですが、パラボナアンテナとプラスチックの桶1つに大きな葉が出ている。

[PR]
by win2010 | 2006-06-04 14:50 | めだか